忍者ブログ
  思ったことを思ったままに、気が向いた時にこっそり記録してみる。
22 . February
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 . March


左上の豆本作りますた。4冊目です。



前回は本を見ながら作ったのだけど、図書館に返してもうないので思い出しながら作ってみました。
↑の記事を見ながら…ちゃんと説明を書いてないので写真を見ながら思い出して…。

けど、案の定忘れ物をしておりました…。



この状態で寒冷紗(代わりの抜きキャンバス)の下に見返しの紙が付いてないとおかしいんですよね(*;;´ω`*)
やっちまったー。
ぎゅぎゅっと押し込んで付けたのだけど、
やっぱり初めから付けてたみたいに綺麗にならないですね(´・ω・`)
次は気をつけよう。
花ぎれは(↑赤い所)はじめて布を使って作りました。
やっぱ布が良いですね。本物っぽい。
ちょっと渋めの赤なんですけど、あとで表紙と合わせたら目立って派手になっちゃいました。もっと暗い色にすればよかった。



表紙はこんな感じ。



以前ネットでこんな古い本の表紙画像を拾いましたのでそれを利用しました。
表紙と裏表紙も背表紙も、全部これ一枚をコピーして(笑)
背表紙のデザインは、古い本を色々検索して研究しますた。こんな雰囲気ですよね!(多分)



かわうぃー(*≧ω≦)
けど溝の部分が細かった~!
前回作った時にも細かった!と思ったのにまた同じくらいで作ってしまった…orz
進歩なし。むしろ退化w



でもぱっと見可愛いからいいε-ε-(。・∀・。)



今回はボタニカルアートの本です。
ボタニカルアート:植物細密画。草花を科学的に精確に描出する。 Yahoo辞書より
図鑑なんかに載ってるような絵ですね。
左に名前と、右にイラスト。シンプルにしました。前回色々と懲りたのでw



ボタニカルアート(botanical art)ぜひ検索して見てください。
もちろん描く人にもよりますが本当に繊細で美しい~。

それにしても豆本は中身開いて写真に撮るのが難しいですね。



サイズはいつもと同じ、4×4.5cm程。
やっぱ花ぎれが目立ちますね。

1冊目と比べると、本を開いたときの感覚が全然ちがいます。
安定感があるというか、丈夫そう!っていう感じがありますヨ。
上達してるのかなぁ~~~?(←怪しい)


いつもありがとうございます。励みになります<(_ _*)>
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[11回]

PR
30 . January
豆本第三弾。
今回は不思議の国のアリス(本文あり)です。
はい、そこ。
「またアリスか」とか言わないw



本文入りなのでちょっと分厚くて、いつもの二倍の厚みになりますた。(前回作った物はこちら)
分厚いといっても1cmほどで、豆本なので使う紙はA4用紙2枚。



用紙はコーヒー染めしてみました。
↑一番下の紙が普通の白ですね。位置合わせの試し刷りに使った物です。
この印刷データ作るのがなかなか大変でした。
エクセルなんですけど、画面上と印刷した時の文字とイラストの位置がなぜかずれるんですよね~(´・ω・`)
文字とイラストがそれぞれ別々にずれるもんだから合わせるのが大変。
しかも印刷時の設定でも変わってくるらしく、印刷品質を「標準」で試し刷りをしていて、
どうにか揃ったのでいざ本番!と思って「綺麗」に変えたら全然ずれてたw
あーそう、そういうことするのーこの数時間の努力はなんだったのー。(-_-#)
て感じで何度もやめようかと思いましたw
イラストだけのやつはすごく簡単だったな…。
どのソフトで作るのが良いのかしら。イラストレーター?

この前図書館で豆本の本を借りたんですが、上下左右の余白のバランスが書いてあって、
読んだ時は「なるほど!今度は気をつけよう!」と思ったのにそんな余裕全然なかったw
文字とイラストを合わせるだけでぐったり。試し刷りの紙もインクも勿体ないのでやめました。



今回は紙の色がちょっと茶色いので糸も似た色を買いました。
よくわからないので一番安い100円くらいの買ってきました。
このくらいの色の糸って私よく使うみたいで、
何色かセットになってる糸セットを持ってるんですが、このあたりの色だけもうない。(もうって行っても何年も前に買った物)
豆本の本を読むと「#50くらいの色で」とありました。
今まで適当に使っていた白い糸は何番かわからなかったんですが、
このベージュの#50を買って来てくらべてみるとだいぶ太い糸を使っていたみたいです。
本に帯麻を使う綴じ方が乗っていたので初めてやってみました。↑
4束目まで閉じた所。(第四折っていうんだそうです)8束目まであります。
いろんな綴じ方があるんですね。
どのやり方が一番頑丈~とかあるんでしょうか。

全てを綴じて見返しを付けた後、化粧裁ちをするはずだったのに忘れてて、
↓の行程の後になって気付きました。時既に遅し。



丸背に挑戦してみました。
背表紙に丸みがある本ですね。
クランプはダイソーの物で普段木工で使ってるやつ。役に立ちました。
この状態ではみ出した背の部分を扇型に開くんですが…金槌で叩いて。
まさか豆本作りで金槌が出てくるとは思いませんでしたw



花ぎれと寒冷紗とクータ貼りました。中身完成。
寒冷紗なんぞ家にないので今までも使ってなかったんですが、
なにか代わりになる物ないかしらーと探して(丈夫な和紙等が使えるらしい)
ネット状になった布ならなんでも良いのではないかと…刺繍用の抜きキャンバス使いましたw
同じ様なもんじゃないかしら。違う?w
クータも今まで付けてなかったんですがこれがあると背表紙を接着しても大丈夫なんですね~。

何となく本の形の物を作るのは簡単だけど、
開きやすくて丈夫で綺麗に…となると見えない所に細かい沢山工夫が必要なんですね。
どの形の本も昔から沢山改良されて今あるような本の形になったんでしょうね。



表紙も丸背仕様。
本当は黒い紙に金文字が良かったのだけど、
プリンターには金インクなんてないので(笑)
手持ちの小さなアルファベットのスタンプを金のインクで押してみたけど豆本に対してはでかすぎるー。
そしてスタンプ押すの下手すぎる~(つД`。)
黒×金クラシックでよかったんだけどなぁ。
いつかやってみたいな~。



見返しはこんな紙。ちょっとトランプっぽくて良いかなーと。
チリ(表紙の内側の余白部分)が全然揃ってないですね。斜めだし~;
ぐぬぬ~。



完成。
丸背仕立ての本なんて持ってないのでよくわからないんですが、こんなもんで良いのかな?
本の写真見ただけじゃーよくわからん。
図書館で探してみれば良かった。



中はこんな感じ。
化粧裁ちするの忘れたのは、まぁ中の紙もこんな色だしまぁいっかーということに。
がたがたの方が雰囲気ある(笑)



背表紙の文字は横にしました。
分厚いとこういうこともできるのね~。

豆本作り奥深し。
今度革装の本もつくってみたいな。布も良いな~♪



いつもありがとうございます。励みになります<(_ _*)>
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[26回]

22 . January
豆本第二弾作りました♪
前回は「ALICE IN WONDERLAND」だったんですが、
今回は、「Through the Looking-Glass, and What Alice Found There」鏡の国のアリスです。



鏡の国は読んだことないんですけど、挿絵を見ていると知っているキャラクターが何人も出ていて、
私がDVDを持ってるティナ・マリー・マジョリーノ主演の実写アリスや、
ディズニーのアリスは、両方を混ぜた話になってることに気が付きました。
双子のトゥイードルディーとトゥイードルダムとか、なんとかの騎士さん(馬に乗ったおじいさん)とか、
セイウチとコックさんとかは鏡の国に出てくるんですね~。



前と同じサイズです。
題名は「Through the Looking Glass, and What Alice Found There」とすごく長くて入りきらないのでどうしようかと思ったんですが、
Through the Looking Glassとだけ書いてる人もいるようなので、略しました(笑)
不思議の国の方はネットで見つけたロゴを拝借したんですが、
鏡の国の方はなかったので、アリスフォントを探して入れて自分で作りました。あるだろうと思ったらやっぱりあった♪
周りのフレームはフレームデザインさんです。
鏡の国の方、写真を撮ったら影が出ちゃって、緑の紙がザラザラみたいに見えますが実際はそうでもないです。

 タント両面折り紙 100色入り

 タント両面折り紙 100色入り
価格:544円(税込、送料別)


この折り紙を使っています。
100色あれば好きな色もまぁまぁ見つかります♪



シリーズ物?なので見返しも同じ紙。



背表紙は、文字の頭が揃うように気をつけました。
不思議の国の方は文字が若干左に寄ってしまったので、
真ん中にくるよう気をつけたんですが、なぜか斜めってしまいました(*;;´ω`*)



裏は前回時計だったんですが、今回はチェスの駒にしました。
が、縮小したら何がなんやら…。
まぁ、いいじゃないかいいじゃないかー。

あと、作りで違う所は、



糸で綴じるとき、前回(左)は1cm間隔で4ヶ所穴を開けて綴じたんですが、
糸が長くびろーんと出てるのがなんだか変だったので、(水色の線を引いた所が糸の出ている所。糸は白です。)
今回(右)は6mm間隔で6ヶ所穴を開けて綴じてみました。
あまり細かくすると切取線みたいになって破れちゃうだろうし、どのくらいが良いのでしょうかね。



それと小口の部分をちょっと綺麗にカットしてみました。
数枚紙を重ねて折ってあるのでどうしてもずれるんですよね。
表紙を付ける前にザクッと切りました。
ザクっといっても、カッターなので1,2枚ずつちびちびとw



このくらいのサイズです。
ミニチュアラブー。

写真を撮っていて思い出したんですが、



昔(10年くらい前かな?)買った食玩~。
ジョン テニエルの挿絵を忠実に再現した~とかいうやつで、お気に入りの物です。
うんうん、確かにまんまですね。
他にも沢山持っていたんですがこの↑↓3体以外は処分しちゃいました。



アリスはこのシーンかな?
アリスの服は元々は黄色だったらしいですよ。
水色も可愛いですけどね^^

豆本作りは本当に楽しいわ~。
出来た時の達成感が半端ないです♪

次は何を作ろうかな~。



みんなで作戦会議中~。







やだこのアリス使いにくい。(こうやって使うもんじゃない)





いつもありがとうございます。励みになります<(_ _*)>
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[13回]

02 . December


豆本作りました♪4cm×4.5cmくらいのサイズ。
前から興味はあったのだけど、ちょっと難しそうで敬遠しておりました。
やってみたらやっぱり難しかったけどなんとか形にはなりました。
ガタガタですけど、その辺は気にしないw



ネットで拾った不思議の国のアリスの画像です。
オリジナルの不思議の国のアリスは著作権切れてるので探すと沢山見つかりますよ♪
そういえば、一枚目の写真に写ってる小瓶のインク「ALICE BLUE」っていう色なんですよ。もう固まってますけどw



表紙もかわいく出来ました。
裏は懐中時計です。



順番に印刷して、切って…。
ストーリー順に並べたかったので、本にした時にどういう順番になるのか把握するのが大変でした。
それと両面に印刷したので位置を合わせるのも何度もやり直しました~(*;;´ω`*)



数枚ずつ重ねて折って…



糸で綴じて…



表紙を印刷して…     



表紙を作って…



見返しはア…アラベスク?ダマスク?柄。これはダマスク違うか。
しおりを付けたかったんだけど良い紐(糸)がないのでなしで完成。



「ふむふむ。なるほどねぇ~」
猫さん、爪立てないでね。

アライグマさんの鉛筆まで作ちゃったw竹串です。
青い方の本は練習で作ったノート。背表紙を太くしすぎて失敗しました。(文字が書いてある紙は置いてあるだけです)

ちなみに前回のシュライヒ劇場はこちら

豆本作り楽しいです。沢山作って小さな本棚作りたい(笑)



いつもありがとうございます。励みになります<(_ _*)>
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[18回]

| HOME |
profile
delight

Name ともみ
Love インテリア雑貨 100均
アリーmy Love 水曜どうでしょう
動物のお医者さん TRICK
マイブーム ちまちま何か作る事

娘1人(小2)と夫1人(40代)を育てる30代のぎりぎり主婦です。好きなものだけに囲まれた生活を目指して、出来るだけお金をかけずインテリアを楽しんでいます。
好きな言葉は「貧乏人根性+創意工夫(←修行中)」


お気軽にコメント下さい~♪
古い記事でも全然構いませんぞ!
小躍りして喜びます(*´ω`*)

リンクはご自由にどうぞ!






ブログランキング参加しています
1日1回どれかをポチッとして貰えると
踊って喜びます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。

にほんブログ村 雑貨ブログ リメイク雑貨へ

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ

いつも応援ありがとうございます!
励みになります♪♪
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログ内検索
twitter
もの凄く少し掲載された雑誌
↑可愛い!よく削れます↑

↑私これがないと何も作れません↑

↑よく切れます↑

 OLFA(オルファ)安全刃折処理器 ポキ133K

 OLFA(オルファ)安全刃折処理器 ポキ133K
価格:154円(税込、送料別)

↑超便利!↑
リンク
Delight





フェリシモ「コレクション」(頒布会)





ブックオフオンライン





フェリシモ「コレクション」(頒布会)





カウンター
フリーエリア


Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]